女性は本指名にシビア

投稿者: | 2016.07.15

風俗店で遊ぶということは、基本的に初対面の男女が性的な行為をお金を支払って行うというものになります。
見ず知らずの男性に性的サービスを提供するということ自体、女性にとっては相当の覚悟を持って行わなければならないのです。
その分の対価がお金をして支払われ、風俗嬢のお仕事は高収入だということにつながっているのです。
風俗嬢も機械ではなく一人の人間ですので、お客様の好き嫌いも当然のように持って働いています。
どうせなら、利用する男性も風俗嬢には気に入られて性的サービスをしてほしいと思うものです、
そうならないためにも、女性に嫌われるような行為は一切しないで、ノーリスクで風俗を遊びたいものだと感じます。

そもそも風俗嬢も人それぞれですので、好きなお客様のタイプや嫌いなお客様のタイプは風俗嬢によって異なってきます。
人間誰しも相性がありますので相性が悪くて嫌われるのは仕方ありませんが、相性関係なく嫌われる特徴を持つ人間は風俗嬢以外の人からも嫌われるものです。
そこでまず、本来は「本指名」になるのに「写真指名」や「ネット指名」で来るというものがあります。
まず、以前に遊んだ風俗嬢を指名することを「本指名」と呼びます。
基本的には「写真指名」や「ネット指名」をする際に受付から以前に遊んだことがある風俗嬢なのかどうか聞かれますが、そこで否定すれば「写真指名」や「ネット指名」になってしまいます。
以前遊んでから長い期間が経っていれば再度指名したことはバレないかもしれませんが、あまり期間が経っていなければ風俗嬢にバレるものなのです。

風俗嬢にとって「本指名」の数は稼ぎに大きく影響してきますので、本来は「本指名」になるのに「写真指名」や「ネット指名」で来るお客様に対して快くは思いません。
風俗嬢の指名方法に「本指名」という扱いがない風俗店であれば再度「写真指名」や「ネット指名」をしても問題ありませんが、「本指名」という扱いがある風俗店ならまた同じ風俗嬢を指名するときは「本指名」するほうがいいのです。
後、風俗店にフリーで入りたまたま以前に遊んだ風俗嬢に当たることはありますが、それに関しては問題ありません。
しかし、フリーで何度も同じ風俗嬢になると風俗嬢は「本指名」で来て欲しいと思うものです。
また、フリーでも好みのタイプに合う風俗嬢を用意してくれる風俗店であれば、在籍している風俗嬢の出勤情報や指名状況などを活用して目当ての風俗嬢に入る可能性を高くすることができます。
ですが、そのようなことをすれば当然のように風俗嬢も察しますので嫌がられることになるのです。
フリーで入って偶然に何度も同じ風俗嬢に当たってしまうのは運ですから仕方ありませんが、フリーで同じ風俗嬢に入ろうとするよりは「本指名」するほうが絶対にいいのです。